きたいま歯科|愛知県一宮市の歯医者・歯科医院
無料メール相談 初診インターネット予約
電話番号

ホーム初めての方へレーザー治療について歯の神経を残したい方へスタッフ紹介治療費アクセスきたいま歯科|愛知県一宮市の歯医者・歯科医院

診療科目 線 歯の神経を残す 歯質強化 麻酔の効果 痛みの少ない虫歯治療 無痛治療 矯正中のむし歯予防 保険銀歯と金属アレルギー ストリークレーザ症例紹介 線 ストリークレーザー症例 他院で「神経を取る」と言われた歯の神経を残すことができました ストリークレーザー症例 金属アレルギーで銀歯と中の虫歯を除去、神経も残せました ストリークレーザー症例 受験前のため、しびれない麻酔効果で虫歯治療をしました線

歯の神経を残す

歯の神経を取るしかないと言われたことはありませんか?

血管歯の神経にまで及んだむし歯の痛みは相当なもので、歯の神経をとることにより歯の痛みをなくすのが、一般的な治療法となります。

歯の神経といいますが、神経以外に、動脈や静脈といった血管も走っています。
歯の中に神経は、歯の内部を通っている血管を通して酸素や栄養を受け取ったり、老廃物を排出していたりしています。

「歯の神経を取る」というと、歯の神経だけを取り除く様なイメージですが、実は一緒に血管も取ってしまうことになります。血管が無くなることで、栄養が供給されなくなり、歯の強度が低下してしまい、歯が欠けやすくなったりします。免疫系の細胞も供給されないので、むし歯になりやすくなります。

歯の神経を抜くと起こる症状

そのため、当院では可能な限り歯を削らず、神経を取らず、ご自身の歯をできるだけ残して歯の寿命を長くするようにしています。

ストリークレーザーにより神経を残せる可能性があります。

ストリークレーザーは黒い部分、タンパク質(むし歯に侵食した部分)に強く効果を示し、その部分以外にはほとんど反応しません。今までタービンでむし歯になった歯質以外を削っていた処置とは全く異なった治療です。

その結果、レーザーを使うとむし歯の部分だけを取り除くことができ、大きく削る必要もなくなります。また、レーザー拡散効果によって根管内の細菌をすみずみまで除菌できるのです。そのため神経も守れるケースが多くなりました。根管治療の精度を高め、治療期間の短縮も期待できます。

※すべてのケースで残せるわけではありません。

神経を残す治療


きたいま歯科|愛知県一宮市の歯医者・歯科医院
きたいま歯科|愛知県一宮市の歯医者・歯科医院