きたいま歯科歯に関するご相談・診療のご予約は tel 0586-62-2497
無痛治療

痛みの少ない歯科治療を目指しています

無痛「痛いのが嫌で、歯医者には行きたくない・・・」 
治療が必要とは分かっていても、痛いのが嫌だという理由で、つい先延ばしにしている方も多いのではないでしょうか。しかし、残念ながら虫歯は放っておいても絶対によくなりません。放っておくと、残せたはずの歯を失うという、最悪の結果にもつながります。

もちろん、当院では、定期来院をしていただいて予防をしていき、悪くなりにくいようにしていくことが痛い経験をしないですむ最善の手段ですが、悪くなったら治療したほうがよいので、当然、治療は痛くない方がいいですよね。

ただ残念ながら、どんな方でも無痛で治療ができるとは限りません。例えば、処置している最中は無痛の治療でも、処置後にお痛みがでるケースもあります。麻酔が効きにくい方もあります。どんなに腕の良い歯科医師でも、痛みを防げないケースは多々あるのです。

しかしその中でも、当院では患者様に安心して通っていただくために、極力痛くない治療を行うために、色々な工夫をしています。

痛みの少ない歯科治療をする工夫

無痛

当院では歯科治療に向かうハードルを少しでも下げられるように可能な限り「痛みの少ない歯科治療」であるよう工夫をしています。 歯科の治療は「麻酔さえ痛くなくそこを乗り越えると後は大丈夫だ」といわれる方も多くみえます。

まさにそのとおりなのですが、麻酔というと、「歯肉に注射する」みたいなイメージがあると思います。考えただけでも痛そうですね。

そこで当院では、麻酔の段階から、出来るだけ痛みを感じないように出来るよう、以下のような事を心掛けています。

注射をする前に表面麻酔を使用する。

無痛クリーム状になっている麻酔薬があります。それを綿につけて麻酔液を注射するお口の中の粘膜につけてしばらく待ちます。この事によって、麻酔の針を刺すときの「チクッ」という感じが少なくなります。

麻酔のお薬を体温に温めておく。

体温と温度が違いすぎると、体が敏感に感じてしまい、痛みを感じる原因になります。麻酔のお薬を人の体温と同じぐらいの温度に温めておく器具があります。その中で温めてから麻酔をすると痛みが少なくなります。


できるだけ細い針を使用する。無痛

蚊に刺されたときに痛みを感じないのは蚊の針がとても細いからです。
歯科で使われる麻酔針の中で最も細いものを使用するようにしています。


ゆっくりと麻酔液を注射する。

当院ではなるだけゆっくりとお薬を注入していきます。お薬をグッと入れてしまうと痛みが増します。

 

きたいま歯科 医院情報

きたいま歯科

〒494-0004 愛知県一宮市北今字再鳥3-11
➝アクセスマップ・地図

●一宮市循環バス『i-バス』尾西南コース
  板倉南バス停下車南へ徒歩3分
●東海道線 尾張一宮駅・名鉄線 名鉄一宮駅より
  タクシーで約10分
●一宮西インターよりお車で約10分
  広くて停めやすい駐車場があります

診療時間表

カレンダー

きたいま歯科の特長


PAGE TOP

愛知県一宮市の歯医者|できるだけ痛くない治療|きたいま歯科医院
Copyright(C) きたいま歯科 All rights reserved.